生活の知恵・悩み解決

幸せになりたい人必見!幸せになるため行動・習慣とは

 

この記事にたどり着いたあなたは、何らかの悩みを抱えていて、「幸せになりたい」と感じているのではないでしょうか?

そこで、幸せになるための行動・習慣についてまとめてみました。

行動や習慣を変えることによって幸せになることができますよ。

幸せな人生を送るための参考にしてみてくださいね。

 

幸せになるためには行動が大切

 

幸せとは「お金があれば幸せ」「地位名誉が高ければ幸せ」「結婚できたら幸せ」ということではありません。

お金を沢山もっていても不幸な人はいますし、地位や名誉が高くても不幸な人はいます。

結婚しても不幸な人は世の中に沢山います。

幸せの感じ方は人それぞれですが、お金が無くても、地位や名誉が低くても、結婚出来なくて独り身でも、自分が幸せだと感じればそれが幸せなのです。

とはいいつつ、今が不幸だと感じているのに、無理やり「幸せだ」と思い込むのは難しいですよね。

 

カリフォルニア大学のソニア・リュボミアスキー博士によると

人の幸福感を決定する要因は

・遺伝が50%
・生活環境が10%
・日々の意図的な行動が40%

だと考えられています。

 

遺伝や生活環境はなかなか変えることは出来ませんが、日々の行動なら変えることができます。

行動を変えるだけで、今より40%も幸せになれるのです。

幸せを願うことも良いとは思いますが、幸せを願うだけではなく、幸せになるための行動をとってみてください。

より早く幸せに近づくことができますよ。

 

幸せになるための行動習慣とは

 

幸せになるための行動習慣を具体的にご紹介していきますね。

 

良い人間関係を育む

人間関係の良し悪しは幸福感に大きく影響が出ます。

苦手な人とずっと一緒にいると気が滅入りますよね。

苦手な人と無理に一緒にいる必要はありません。

幸せになる為には、時に人間関係を見直すことも考えてみてください。

そうは言っても、苦手な人と職場や学校が一緒だったり、仲良くしているお友達グループの中に苦手な人がいて、離れることが難しい時もありますよね。

そういう時でも、必要以上に近づくことはなるべく避けてください。

全ての人と仲良くする必要はないのです。

自分が大切だと感じることができる人達と、深く良い人間関係を育んでください。

人間関係が良好だと、それだけで幸せを感じることができます。

人生を楽しんでいる人やポジティブな人の近くにいると、良い影響を与えてもらえて、自分自身も元気でポジティブになれるのでオススメですよ。

 

自分の好きなことをとことんやる

趣味や特技、自分の好きなこと、熱中できる対象に打ち込むことで幸福度が高まります。

とことん打ち込んだ後、やり遂げた後は「楽しかった」「嬉しい」「達成感」など素直に幸せでポジティブな感想が出てきます。

思い切り好きなことをすることで、ストレス解消にも繋がります。

自分が興味のある分野で、日々成長を感じることで、前向きな幸福感を味わうことができますよ。

中には「好きなことが分からない」「趣味が無い」という方もいるかもしれません。

そういう方は、小さなことで構わないので、何か自分が好きだと思えることから始めてみましょう。

何でも構いません。とにかく自分が好きだと思えることを始めてみてください。

漫画を読む、一人カラオケで思い切り歌うなど何でも構いません。

こんなことしていて良いのかな?とは思わないでください。

周りは気にせず、とにかく自分が好きだと思えることを始めてみてくださいね。

 

人に親切にする

例えば、電車で自分の座っている目の前にお年寄りが立っていて、自分の行動としては、「寝たふりして席を譲らない」より「席を譲ってあげる」方が幸福度は高くなります。

寝たふりをして席を譲らないと心の中がモヤモヤしてしまいますが、席を譲ってあげると良い気分になれますよね。

親切は自分だけでなく、お相手も幸せにします。

身近な人や知らない人、誰でも良いので、人に親切にすることを心がけてみましょう。

幸せを味わうことができますよ。

ただし「親切にしたのに、相手は何もしてくれない」と見返りは求めないようにしましょうね。

 

自分を大切にする

我慢ばかりして自分をいじめていませんか?

「私はいつも失敗ばかり」「上手くいかないのは全て自分のせい」などと自分を追い詰めるのではなく、そんな自分を許してあげてください。

今日1日生きただけでも素晴らしいことです。

ちゃんと自分をほめてあげましょう。

自分のファン第1号になって、自分を愛してあげましょう。

そして肉体面でも自分を大切にしてください。

美味しいものを沢山食べて、気持ちの良い運動をして、健康的な生活を送り、自分の身体を大切にしてくださいね。

精神や肉体が不健康だと、それだけで不幸に思えてしまいます。

心身の健康は、とても幸せなことです。

 

考えすぎない 他人と比較しない

他人と自分を比較することはやめましょう。

「あの人は自分より優れている」「あの人は自分より劣っている」などと他人と自分を比較しても何にもなりません。

他人と自分を比較しても良いことは全く無いです。

逆にあれこれ考えすぎることで、劣等感やネガティブ感情が出てしまい、幸せが遠のきます。

あくまで他人は他人です。

最終的に自分を幸せにするのは、自分自身です。

嫌なことは考え過ぎず、楽観的に物事を考えましょう。

 

まとめ

 

行動は繰り返すことによって習慣となります。

日々幸せになるための行動を心がけ、習慣となれば、自然と今より幸せな生活を送ることが出来ます。

人は考え方一つで、幸せにも不幸にもなれます。

どうせなら幸せを感じて生きていきたいですよね。

この記事が少しでも幸せを考える道しるべになれたら幸いです。

 

みんなで幸せになりましょうね。

 

-生活の知恵・悩み解決

© 2021 欲張りさんのメモ帳 Powered by AFFINGER5